ふぉーかもダイアリー

主にキャリア

円熟味

 「閑古錐」長い年月、来る日も来る日も穴をあけ続けて丸くなった錐には、円熟した魅力があります。破天荒だった人が長い年月を経て穏やかなのに迫力さえ感じさせて、人ならではの魅力に満ちています。このような閑古錐の円熟味を目指しましょう。昨年のコロナ禍の最初の頃、マスクやトイレットペーパー等が品薄になりました。我先にと、恐怖にかられ、買いだめしようとすればするほど、他の人にまわらなくなる。しかし、いつの世も、パニックで品薄になった商品は、何日か後、何か月か後には、商店の店先に必ず並ぶ。自分さえよければいい、という姿勢はいかにも恥ずかしい。ほんとうは、少し損して生きるくらいでちょうどいい。古くなって丸くなった錐のように、円熟味に満ちた味のある人であるべきと思います。そのような人を目指しましょう。それは、急がずに、だが休まずにです。そして、歩みは遅くていいのです、引き返さなければいいのです。大事なのは転ばないことではなく、転ぶたびに起き上がり続けることです。